YouTube、daily motion等のご紹介です。 今の所、80年代のPVを中心にお届けしております。 ページが増える度に表示が遅くなっております。 気長にお待ち頂ければ幸いです。
カスタム検索

インフォメーション

■ご訪問ありがとうございます。
 万が一リンク切れの場合は何卒ご容赦願います。
 またその旨コメント欄に一言戴ければ幸いです。

目次はこちら
(目次は作品名別としております。)

PV YouTube 無料 動画 音楽

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサーサイト

関連タグ : 洋楽, エリック・クラプトン,

関連タグ : 洋楽, エリック・クラプトン,

関連タグ : 洋楽, エリック・クラプトン,

関連タグ : 洋楽, エリック・クラプトン,

関連タグ : 洋楽, エリック・クラプトン,

エリック・クラプトン - バッド・ラブ


 Eric Clapton - Behind The Mask はこちら
 Eric Clapton - Change The World はこちら
 Eric Clapton - Cocaine はこちら
 Eric Clapton - Forever Man はこちら
 Eric Clapton - Knockin' On Heaven's Door はこちら
 Eric Clapton - Layla はこちら
 Eric Clapton - Layla(acoustic) はこちら
 Eric Clapton - My Father's Eyes はこちら
 Eric Clapton - Tears in Heaven はこちら
 Eric Clapton - Wonderful Tonight はこちら

 目次(作品名別)はこちら

FC2ブログランキングに参加中!
今日も一押しお願いします!
    ↓


関連タグ : 洋楽, エリック・クラプトン,

エリック・クラプトン - ビハインド・ザ・マスク


 YMO - Behind The Mask はこちら
 Greg Phillinganes - Behind The Mask はこちら

 Eric Clapton - Bad Love はこちら
 Eric Clapton - Change The World はこちら
 Eric Clapton - Cocaine はこちら
 Eric Clapton - Forever Man はこちら
 Eric Clapton - Knockin' On Heaven's Door はこちら
 Eric Clapton - Layla はこちら
 Eric Clapton - Layla(acoustic) はこちら
 Eric Clapton - My Father's Eyes はこちら
 Eric Clapton - Tears in Heaven はこちら
 Eric Clapton - Wonderful Tonight はこちら

 目次(作品名別)はこちら

この曲は、もともとYMOの2作目となるアルバム「Solid State Survivor(1979)」に収録されたものである。
この曲を米・プロデューサーのクインシー・ジョーンズが気に入り、マイケル・ジャクソンに詞と追加のメロディーを付けさせ「Thriller(1982)」に収録するつもりであったらしい。
しかし、マイケル・ジャクソン側が作曲のクレジット(もともとは坂本龍一・高橋幸宏による)と版権の50%を要求したため、YMO側がこれを拒否。お蔵入りしてしまった。
(今から思えば、たとえこの条件であったとしても、そうとう儲かったハズ…)
後に、「Thriller」の共同プロデューサーでキーボード奏者のグレッグ・フィリンゲンズがアルバム「Pulse(1984)」にマイケルバージョンを収録し、やっと陽の目を見たのである。
また彼は、エリック・クラプトンのバック・バンドのメンバーであったことから、エリック・クラプトンのアルバム「August(1986)」に収録されたのである。
因みに「August」というタイトルは、エリック・クラプトンの息子・コナーが8月に生まれたことによる。
息子の迎えた悲劇と向き合うために「Tears In Heaven(1992)」を作るのはその後の事だった…。

FC2ブログランキングに参加中!
今日も一押しお願いします!
    ↓


関連タグ : 洋楽, エリック・クラプトン,

関連タグ : 洋楽, エリック・クラプトン,

関連タグ : 洋楽, エリック・クラプトン,

関連タグ : 洋楽, 映画, エリック・クラプトン,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。